新車購入を真剣に考えてみよう

>

購入する前に下調べが大事

この記事をシェアする

新古車と新車とは

皆さんは、車を購入する際に、新車と新古車は何が違うのか気になった事はありませんか。
新古車が、もし新車と変わりがないのなら、新古車でも良いと思うかもしれません。
そもそも最近では、新古車とはあまり言われていません。
未使用車と呼ぶほうが多くなってきています。

簡単に新車はナンバープレートもない、まっさらな状態で購入すると、新車購入といわれます。
車の販売店では、どこでも売り上げのノルマがあり、売れ残ってしまった車を自社でナンバー登録して、販売する。
このような車を新古車、未使用車というのです。
簡単に言うと、ナンバー登録した時点で、新品の車でも新古車になってしまうのです。
そして、新古車、未使用車は、あくまでも中古車の分類になります。

新車、新古車どちらが良いのか

新古車のメリットは、新車よりも購入金額を抑えることができます。
ナンバー登録の手間もなくなるので、良いかもしれません。
ならば、新車を購入する人は、どうして新古車を選ばなかったのか。

新車にもメリットはもちろん沢山あるのです。
まず、購入した車が購入したすぐに、不具合があった場合、新車には保証期間がついています。
安心して車の不具合を、見てもらえるのです。
そして車の任意保険も、新車特約がつくみたいです。
そして何よりも、自分のお金で買った車なので、優越感は得られるのです。
新車でしか味わえないものなので、買った方にしか経験できないのでしょう。

新車にも新古車にもメリットは沢山あるので、よく考えてみてください。