新車購入を真剣に考えてみよう

>

店員とのやり取りの仕方、セールについて

この記事をシェアする

店員さんも人間なんです

簡単に言うと、店員さんも人間なんです。
要するに、お客だからと言って、横柄な態度をとらないで、オーバーに言うと、なるべく謙虚な気持ちを持ったほうが良いと思います。

下手に出るわけではないのですが、店員さんにもっと値段を下げろなんて言い方をしてしまったら、店員さんも嫌な思いをしますよね。
そんな方に良くしてあげようなんて、店員さんも人間ですので、思わないのです。

自分で決めた目標金額に到底及ばなくても、嫌な顔を最初からせずに、店員さんの話を最後まで聞くようにしましょう。
店員さんだって、車を買ってほしいのが本音です。
ちゃんと説明してくれます。
その上で、自分の意見があれば怒らずに伝えることが大事です。
そのたびに、店員さんも話を聞いてくれるはずです。


毎年行われるセールに注目

車の販売店のほとんどは、年に何回かはあります。
そこそこの車屋さんによって違いは出てきますが、少なくとも年に2回は行われていると思います。

多くの店は、6月11月12月3月に行われる事が多いのですが、年末年始が一番力を入れていると言われています。
自社のセールなので、値段交渉も普段よりは得する可能性が多いと言われています。
店側も新車だとしても売れなかったら、いつかは結局新古車として流してしまいます。
それなら値引きを大きくしてでも、新車として売れたほうが、店の成績にも良いのです。

調べた結果からしても、自社のセールを待って、値引きも普段より多めにしてもらうことが、一番新車を買う上で得したことになると思います。